“透明な奇跡を色付ける君に、また新しい体温が届きますように” ノスタルジ・・・